AVプロダクションのジャンルから選ぶ


AVプロダクションのジャンルは非常に細分化されています。
アダルト雑誌のモデルだったり、チャットレディだったり、企画系モデル等が挙げられます。

アダルト雑誌のモデルというのは、俗に言う「エロ本」にあたります。
エロ本に掲載する写真を撮影して、雑誌に掲載してもらうことがアダルト雑誌モデルのお仕事です。
そこから人気が出れば、一気に芸能界デビュー、ということも夢ではありません。
実際にアダルト業界から芸能界デビューしている方たちも中にはいるので、知名度を上げる一つのチャンスと捉えるのがいいと思います。

そしてチャットレディですが、パソコンとインターネットを用いて男性とチャットをすることが主なお仕事です。
その際は、Webカメラを用いて自分の顔や身体を見せたりします。

最後に企画系モデルですが、これは俗にいう大きな範囲でAVの世界のことを指します。
なぜ、「大きな範囲」と説明するかといいますと、AVの世界はジャンルがとても細分化されていて、単体物や顔だし無し、エキストラや企画系など様々な仕事があります。
単体物とは、AV女優一人が単体で作品に出るお仕事になります。
顔だし無しとは、作品中の全てAV女優の顔にモザイクが入ることであって、仕事内容は普通のAVと同じです。
エキストラとは、街頭でのインタビュー等を行ってアダルトビデを撮影していきます。

このようにAVプロダクションで行うジャンルは様々あり、とてもやりがいが湧く仕事なのです。

This entry was posted in AVプロダクションの選び方. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります